川越ジャズピアノ教室

最初に無料体験レッスンをしてからレッスン開始しています。

埼玉県川越市菅原町7-25 伊勢原五番館406号 吉澤 泰男

ブギウギは楽譜を見ながら弾かない

ブギウギは楽譜を見ながら弾かない

まず最初にブギウギハノンの右手、左手がどんなことを弾いているかを考えます。

① 右手でリフ(簡単なフレーズの繰り返し)を弾き、左手でベースパターンを弾く。

 ブギウギ3

 

② 右手でコードを弾き、左手でベースパターンを弾く。

ブギウギ1

 

③ 右手でリフを弾き、左手でコードを弾く。

ブギウギ2

 

この3通りの弾き方が出てきます。この中で2番は伴奏の役割となり、2人で演奏する場合には、その上にリフを加えて弾くことも出来ます。

練習をする時、クラシックのように右横に進んでいく楽譜を先読みしながら見て弾くのではなく、最初ド(C)から4回繰り返し、ファ(F)の音から2回弾き、ド(C)から2回、ソ(G)から2回、ド(C)から2回で終了ととらえて弾くようにします。ようするにCのブルースだということです。なので最初の1小節目でリフ、ベースパターンを練習したら次にファ(F)とソ(G)にずらして弾く練習をし、あとは回数を数えるだけです。これらの理由からだんだん楽譜を見る必要がなくなります。いずれ暗譜して繰り返しの回数を数えて弾くことを心掛けます。

« »