川越ジャズピアノ教室

最初に無料体験レッスンをしてからレッスン開始しています。

埼玉県川越市菅原町7-25 伊勢原五番館406号 吉澤 泰男

ハノンにジャズのリズムを加える。

ハノンにジャズのリズムを加える。

ハノンを3連符のリズムにして弾きます。

ジャズの跳ねた感じは楽譜にすると3連符になります。

・8分音符2つ書いて実際は3連符2つと1つのリズムになります。

弾く時にアーティキュレーション(音の長さや強さ)に注意して下さい。

・ >はアクセント(その音を強く)

・(>)はなるべくアクセントをつけて

・ ーはテヌート(その音を長めに保つ)

電子メトロノームを♩=96にして一拍を3分割に鳴らしながら練習して下さい。

特に3連符の3つ目の音を正確に合わせます。

ハノン2番をFドリアンスケールでジャズのリズムにして練習。

ハノンジャズリズム2

このようなリズムパターンは他にも考えられます。

このアイデアは「ブラスバンドのためのジャズアンサンブル」というレッスンで扱っているテキストを参考にしました。

Fドリアンだけでなく前回説明したジャズのコードスケールすべてに置き換えて練習して下さい。

※ファの音をスタートにしてbの数を増やしていくジャズのコードスケールの事です。

一拍を3分割に鳴らし正確に弾けるようになったら、メトロノームを♩=48にして3分割でなく一拍に戻し、2と4拍目に鳴るようにして練習して下さい。更に足で一拍目を踏みながらテンポキープ出来るとノリが出てきます。

このような練習をピアノを弾く前のウォーミングアップとしてレッスンで取り入れてます。

 

 

« »