川越ジャズピアノ教室

最初に無料体験レッスンをしてからレッスン開始しています。

埼玉県川越市菅原町7-25 伊勢原五番館406号 吉澤 泰男

ハノンをジャズの発想で練習する。

ハノンをジャズの発想で練習する。

前回の練習はクラシック、ジャズ共通の練習方法でした。
今回はジャズの発想を付け足していきます。
①移調の練習方法
クラシックではbが一つシの音につくとファの音からシをbにして音階練習をします。2つの場合はシとミにつけ、シから練習します。

 

ハノン2番をヘ長調に移調して練習
譜例F

 

ハノン2番を変ロ長調に移調して練習

譜例Bb

大変ですがこれを12個の調に移調して練習して下さい。

この練習が出来たら次はジャズのコードスケールに応用します。

ジャズはファの音を選んだら、最初はbをシに付けて練習、次はbをラ、シとミに付けて練習などスタートの音を決めbの数を変えていきます。
Fドリアン(ラ、シ、ミ)

Fドリアン

ハノンをファの音からスタートしbを
①シ
②ラシミ
③ソラシレミ
④シにbをつけない
⑤シミ
⑥ラシレミ
⑦ソラシド(♮シと同じ)レミ
これらの音階を使って上下行練習して下さい。

これもいろんな音から同じようなことが出来ると良いですが、かなり時間を使いますので、まずはファからスタートして練習してください。

次回はこれにジャズのリズムを加えた練習に進みます。

この練習までたどり着くにも膨大な練習量、ピアノ経験が必要と思います。ある程度練習時間がとれる方でピアノ経験のある方向けの練習メニューです。

 

« »