川越ジャズピアノ教室

最初に無料体験レッスンをしてからレッスン開始しています。

埼玉県川越市菅原町7-25 伊勢原五番館406号 吉澤 泰男

初心者用のテキスト

初心者用のテキスト

ピアノを幼い頃少し習っていた方や大人になって初めてピアノに触れる方に対するレッスン内容を説明します。
 川越ジャズピアノ教室で取り入れているテキストにバスティンの「年長者のためのピアノ入門レベル1」というテキストがあります。

gakufu-net_10504

 このテキストは左手コード、右手メロディーの弾き方で曲を仕上げます。まず左手はその曲のキーで使われるⅠーⅣーⅤのコードを練習します。
慣れたら手元を見ないて弾けるようにします。

キーがGの場合の左手和音 ⅠーⅣーⅠーⅤ₇ーⅠ

左手和音

スタンダードジャズの曲を弾くためには、更に全てのキー(12キー)で練習します。この練習は長い時間をかけてコツコツやります。

右手は五指のスケールで同じように全てのキーで練習します。

五指とは五本の指の中だけで弾ける5度までの音階です。要するに親指をくぐらせずに済む音までです。

五指の位置(キーがGの場合)

五指

五指の位置で弾くⅠ-Ⅳ-Ⅰ-Ⅴ₇-Ⅰの両手の練習

 

五指練習

やはりこれも全てのキーで練習します。

注意点として右手のメロディーは強く、左手のコードは弱く弾きます。初心者の方の場合、両手が同じくらいの強さになり、なかなか左手だけを弱く弾くことはできません。右手が主役で左手が脇役なわけですから左手のコードがメロディーを抑え込んでしまってはいけません。強弱を意識して練習して下さい。
 このテキストにはしっかり読めば独学でもどんどん進めていけるくらい解りやすい説明が載っています。それとコードやメロディーに運指が書かれているので、常に正しい運指になっているかを意識して練習出来ます。例えば左手コードのⅠは5.3.1、Ⅳは5.2.1、Ⅴ₇は5.2.1の運指を守ってすべてのキーに移調することが大切です。

 

 

 

 

« »