川越ジャズピアノ教室

最初に無料体験レッスンをしてからレッスン開始しています。

埼玉県川越市菅原町7-25 伊勢原五番館406号 吉澤 泰男

05月

コードを理解するためには度数を知ることが必要

ジャズにおいて、コードの度数を考えることは楽譜の音の高さを読み取ること同じくらい大切なことです。
コードネームCの3度は何の音か。
3度は2種類あり、長3度と短3度があります。それぞれが明るいメジャーコードと暗いマイナーコードになります。
これをF.Bb.Eb.Ab.Db.Gb.B.E.A.D.G
の順番で考え、ルートと3度の音をピアノで鳴らしてください。
次は7度です。
b7とM7があり、この音はルートの全音下と半音下の音と考えたら見つけやすいです。ルートがドならシbとシになります。これもF.Bb.Eb.Ab.Db.Gb.B.E.A.D.G
の順番で考え、ルートと7度の音を鳴らしてください。
それが出来たら、
Cのルート、3度、7度を考えます。
① Cのルート、長3度、M7の音を見つけてピアノで鳴らしてください。
②Cのルート、長3度、b7
③Cのルート、短3度、b7
次はコードネームを見て考え音を鳴らします。
①CM7のルート、3度、7度を考え音を鳴らします。
②C7のルート、3度、7度
③Cm7のルート、3度、7度
これをまたF.Bb.Eb.Ab.Db.Gb.B.E.A.D.Gのそれぞれのコードで考えます。
コードのルート、3度、7度を考えることでそのコードネームと結びつきます。
いろんな曲に書かれているコードネームを見て同じように考えてピアノで音を鳴らして響きも覚えて下さい。